フリーランスのアンテナ

絹70%以上 レーヨン・綿・指定外繊維(紙)・ポリエステル30%未満
長さ約4.35m(お仕立て上がり時)
西陣織工業組合 証紙No.2428 河合康幸謹製
おすすめの帯芯:綿芯
六通柄
◆最適な着用時期 袷(10月~翌年5月)

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン 結婚式、披露宴、パーティー、音楽鑑賞、観劇、お食事会、付き添いなど

◆あわせる着物 色留袖、訪問着、付下げ、色無地など


唐織の名匠。河合康幸-
「誰からも認められる価値ある本物を作りたい。自分の仕事に誇りを持っている」
そう語る河合康幸氏。
西陣の名門機屋にて修行を詰み、平成4年、自身45歳で独立。
以来69歳の現在に至るまで唐織一筋にその美しさを探求し続けておられます。

平安の時代より受け継がれてきた能衣裳の美。
それは氏の手によってさらなる発展を遂げてゆくことでしょう。
西陣最高峰の技術で織り成された富貴なる『唐織の美』をご堪能くださいませ。


堂々の存在感!
それでいて感じられる、ふわりとした品の良さ…

この面持ち、極上。
正統派の意匠を風雅に、なおかつ、
ひと目で女性の心に響く美しい清らかさに昇華したおひとつ。

きっとお写真でもおわかりいただけましょう。
繊細なやわらかさに込められた、織りの力強さと西陣匠の感性。
プロをうならせることはもちろん、
御着物をご存じない方がご覧になられても、
ひと目で「よきもの」とお分かりいただける表情がございます。


【 能楽鳳七宝文 】と銘打たれたお品。

しなやかな帯地は落ち着いた赤みの深いダークブラウン。
一面を埋め尽くすようにたっぷりとした糸使いの唐織にて、
鳳凰に唐花菱を込めた鳥襷のような七宝紋を織り成しました。

白糸と金糸の濃淡の統一された色彩をふんだんに用い、
大胆な構図でふっくらと織り描きだされております。

画面を通してでもわかる、その迫力と印象。
力強い古典の意匠に含まれた、繊細な心遣い・・・。

いつの時代も人々にこよなく愛されるはやりすたりのない美の本流ともいうべき古典有職の意匠はまさに吉祥のしるし。

プロをうならせることはもちろん、おきものをご存じない方がご覧になられても、ひと目で「よきもの」とお分かりいただけます。

本物を知り尽くした匠ならではの確かな織り味をご覧いただきたく存じます。
末永く受け継いで行っていただくお品として・・・
是非この機会をお見逃しなくお願いいたします。
袋帯のお仕立て
(綿芯お仕立て) (絹芯お仕立て)
撥水加工をご要望の場合
(パールトーン加工 袋帯)
(ガード加工 袋帯)

[A3G000000]-[TP:鈴木萌]-[PS:寺川]-[CH:田中郷]-[文責:柳田]-[0106018]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

3日間限定再掲載【20万均一お誂え込み】【唐織の匠 河合康幸】特選西陣唐織袋帯「能楽鳳七宝文」≪フォーマルに典雅!唐織逸品!≫-帯