フリーランスのアンテナ

絹100% 
長さ約3.6m(お仕立て上がり時)
城間栄順作
おすすめの帯芯:染帯用綿芯
六通柄(※手先柄なし)
◆最適な着用時期 袷・単衣 <盛夏以外(6月末~9月上旬以外)>

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン 音楽鑑賞、観劇、お食事会、お稽古事、街着、カジュアルパーティーなど

◆あわせる着物 付下げ、色無地、小紋、織のお着物 など


南国の色彩、豊かなる自然に育まれて…
本場琉球紅型の特選九寸名古屋帯をご紹介いたします。
琉球紅型の作家として名高い城間栄順氏の作品となっております。


ブーゲンビリアの花が、まるで万華鏡のように…
高貴のお色を艷やかになりすぎず、愛らしい意匠と共に
着姿をまろやかに、優しく包みこんでくれています。


琉球王朝時代より、その伝統の技が引き継がれてきた紅型。
絵師が図案を描き、彫り師が型紙を彫り、それを紅型三宗家と言われる
「城間家」「知念家」「沢岻家」を中心とした染め師が完成させるという
形態で匠の技が守られてまいりました。

廃藩置県や第二次世界大戦といった歴史の波によって、紅型の技は、
消え去ろうとしていました。終戦後、その技の復興に努めた中心人物は、
戦禍を逃れた城間家の城間栄喜氏と知念家の知念績弘氏でした。廃材の中から、
「宗家」の名にかけて琉球王朝の彩りを蘇らせたその熱意とたゆまぬ研鑽。

消え行くものを留めよう、護ろうとするその心と努力によって
琉球紅型は受け継がれて参りました。

城間栄順氏は、その第一任者 城間栄喜氏の長男として生まれました。
幼い頃より、職人気質を貫き通した父の背中を見て育ち、
本物の紅型と共に生きてきた、いまの琉球紅型を代表する方の作品です。

紅型は、丁寧にひとつひとつ細かな型を彫り、白生地に糊置きをし、
顔料を用いて色を挿していく技法。筆で色を挿して、刷毛でこすって
ぼかし染めのようにし、水で糊を洗い流します。

各工程に何人もの職人さんが携わり、
力を注いで丹精込めて仕上げられる作品の数々。

紅型は顔料と染料を用います。顔料には朱、石黄、洋紅、藍蝋、群青、胡粉、
墨などで、無機顔料や有機顔料があり、染料には琉球藍、フクギ、蘇芳、ウコン、
楊梅、綿腑脂などの植物染料が用いられていました。顔料や蘇芳、綿踊脂は、
沖縄に産するもではなく、王朝時代の海外交易によって入手していたものです。


力強さの中に含まれる穏やかさ。
伸びやかでありながら確実に踏襲された技とその趣。

山路の横段がきりりと着姿を引き締めて…
そして、まるで万華鏡を覗いたかのような
ブーゲンビリアの花が印象的に、はっと目を奪われる様相でございます。

郷愁感を感じさせつつその中にモダンの感性が、
お出掛け先でも映える自慢の帯になること間違いありません。

琉球紅型の美しい彩りの世界。
豊かな彩りがみずみずしく、ふんわりと水分を含んだような、
絶妙ないろどりが意匠に奥行きを感じさせます。

ひとつひとつの丁寧な手作業と、刺繍や金箔などを使わずに、
顔料の発色の鮮やかさと型のデザイン性だけで勝負した紅型。
妥協の許されないほんものの仕上がりを、
どうぞお手元でじっくりとお確かめください。

なかなかご紹介できない有名作家さんのお品でございます。
どうぞこの機会をお見逃しなくお願いいたします。

九寸帯のお仕立て
(綿芯お仕立て) (絹芯お仕立て) (帯芯つきお仕立て)
撥水加工をご要望の場合
(パールトーン加工 九寸帯)
(ガード加工 九寸帯)

[AHK073815HBW]-[TP:長洲]-[PS:長洲]-[CH:田中郷]-[文責:三上]-[1124017]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

【城間栄順】【琉藍】琉球紅型九寸名古屋帯「山路横段華文」≪琉球紅型の第一人者!≫高貴なお色を優しく感じて…-帯